スタッフブログ

肋骨を自分で緩める方法について

 

皆さんこんにちは

ModKasugai

田村です。

 

ブログを見てくださりありがとうございます。

 

本日のテーマは前回の記事の続きになります。

そちらをまだ読んでいない方はそちらの記事から読むと良いです。

リンクはこちら

 

前回、肋骨を緩めると、首こりが解消するお話をしました。

 

今回は実際に肋骨を自分で緩める方法を特別に皆さんだけにお伝えをしていきます。

 

まず初めに、首こりがある方だけではなく腰痛や肩こりでお悩みの方にもおススメです。

 

今回は、首こりでお話をしていますので、首の簡単なチェックをしていきます。

 

チェック1:首の動きを確認しよう(首の可動域)

首は様々な方向に動きます。これの確認です

→『上・下』・『左右に振り返る』『左右に横に倒す』

全部で六つの動きを皆さんしてみてください。

 

このときに無理に動かしたりはしないでくださいね。

まず確認をしていきました。

 

次が本題で肋骨を緩めて、先ほど確認した、首の動きが良くなれば、筋肉や関節がゆるんだことにもなるのでそれをやっていこうと思います。

 

画像をご覧ください。

1.このように手を胴体に添えます。

2.この状態から肋骨を背骨のほうに押しつけるように押してみます

3.腕が上がる人は少し上に腕をあげ、2と同じように押し付けます。

4.2.3を繰り返し3回ほど行ってみてください。

5.以上です

 

この流れをやっていただき、先ほどの首を動かす動きを行ってみてください。

 

これで少しでも変化が出る方は肋骨が硬くなってしまって、首こりが出ている可能性が高いので、これを行っていただけると、首こりが解消していきますよ。

 

まとめ

今回は肋骨の緩め方についてお話をしました。

このように実際に動作をお伝えするのは文章では少し難しいですが、是非やってみてください。

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

お問い合わせはこちら(お問い合わせフォームに飛びます)

 

〒486-0915 春日井市八幡町35-1 ニューブラウンハイツ 1F

電話番号0568-27-7566

 

〒486-0945 春日井市勝川町7丁目37番地

ネクシティパレッタ1FCOMEET

電話番号0568-27-7338

 

インスタグラムもやっていますのでよければこちらもどうぞ!