スタッフブログ

産後ケア

赤ちゃんの抱っこで腰が痛くなる方へ

こんにちは!

ModKasugaiトレーナー・理学療法士の中村です。

 

「赤ちゃんを抱っこしていると腰が痛くなる。。」

というママさんのお声をよく聞きます。

 

よくあるのがこの姿勢。抱っこの仕方

赤ちゃんをおなかの上にのせて、腰を反る

こんな姿勢が続くと

腰痛

この部分が痛くなる人がいます。

 

特に抱っこが長時間になると、この姿勢なりやすいんですよね。

 

しかしこの姿勢ですとおなかの筋肉が使えず、腰痛も解消されません。

 

また、妊娠中に引き伸ばされたおなかの筋肉は

産後すぐに自然に戻るわけではなく

①力が入る状態か確認・練習する

②日常的に使う

ことで元の状態に戻っていきます。

 

では、ご自身のおなかが力が入る状態か、チェックをしてみましょう。

 

チェック1.

長く息をはけるか

(口から息をはーっと8秒間吐き続ける)

 

チェック2.

椅子に座った状態で骨盤を動かせるか(写真のように骨盤を前後に動かす)

 

このチェックは確認と、おなかを使う練習にもなりますので

特に産後6か月未満のママさんはやってみてください。

 

そして抱っこの姿勢も

おなかの力も使って体を支えます。

赤ちゃんも上のでしっかり抱えます。

 

いずれにしても、長時間の抱っこは身体に負担がかかるので

抱っこ紐やベビーカーを積極的に活用する、椅子に座って抱っこをするなどしていけるといいですね。