スタッフブログ

ボディメイキング

【パーソナルトレーニングのイメージ】

Modkasugaiパーソナルトレーナーの今井です!

 

「パーソナルトレーニングって、どんなイメージですか?」

 

とパーソナルトレーニングを受けられたことのない方に聞くと、
ダイエットやボディメイクを目的としたジムだと『食事制限』『激しい筋トレ』というのがセットというイメージが定着しているのかもしれませんね。

 

そうした『食事制限』『激しい筋トレ』を行う場合もありますが、すべての人がそれらを行うわけではありません。

 

今回は『食事制限』『激しい筋トレ』以外のパーソナルトレーニングについてお話したいと思います!

 

パーソナルトレーニングとは

 

パーソナルトレーニングとはどういうものをいうのかという定義が明確にあるわけではありません。

英語を見れば、個人に対するトレーニングというのはわかりますが、必ずしも運動指導を指すとも言い切れません。

 

僕の思うパーソナルトレーニングとは、
「専門知識・技術を持ったトレーナー」が、お客様一人ひとり年齢・体力・状況などに合わせてトレーニングメニューを提供する「安心・安全」な「マンツーマンプログラム」
お客様の身体の不調など、身体に関するさまざまな悩みを運動指導で解決する。
と考えています。

 

身体の見た目を変えるなら、強度がある程度必要
パーソナルトレーニングは、お客様一人ひとり年齢・体力・状況などに合わせてトレーニングメニューを組んでいくものだとお分かりいただけたかと思います。
ボディメイクなどで身体の見た目を変えたいなら、トレーニングメニューにある程度の強度が必要になります。
トレーニングと聞くと、重りをもって、筋肉を鍛えることをイメージしがちですが、食事の改善も立派なトレーニングです。
そう考えると先ほどお話した『食事制限』『激しい筋トレ』が必要いのが、わかっていただけるかなと思います。

 

調子を整えたい人には重たいおもりは必要ないかも
ここまでは身体の見た目を変化させたり、いわゆる強くなるためにパーソナルトレーニングを行う場合の例をご説明しました。
パーソナルトレーニングを受けるすべての人がこうした目的ばかりではありません。
例えば、
● 手を高く上げると肩に痛みがあるので、痛みなく手があげられるようになりたい。
● 身体を動かすことで、身体の調子を整えたい。
● 普段使っていない筋肉を動かして、身体のバランスを取りたい。
という目的などが挙げられます。
こうした目的でパーソナルトレーニングを受けられる方もいらっしゃいます。
こうした目的のお客様には、重たいおもりを持つことよりも、本来持っている機能を思い出してもらったり、自分の体重を使った運動で、筋肉に刺激を入れたりします。
ガンガン重さを担いで、ウエイトトレーニングをしている人からすると『そんなのはトレーニングじゃない!』って思われるかもしれません。
ですが、先ほどもお話したように、トレーニングのメニューはお客様の身体の状況次第で変わります。
更に言うと、お客様の目的を達成できるのであれば、重たいおもりは必要ないのです。
もし、パーソナルトレーニングをお願いすると、重たいおもさを担がされると思って躊躇しているのなら、それは勘違いなので、ご安心ください!